仙台の美容外科でキレイな女性に生まれ変わる!

婦人

埋没法と切開法について

レディ

アイプチやアイテープをすることで、くっきり二重を作ることができます。そのため、毎日二重を作るために頑張っているという女性も多いです。しかし、アイプチやアイテープをやるのは面倒という方もいるでしょう。だからといって、何もせずに外に出るのはできないという人もいます。また、アイプチやテープを頻繁に使ってしまうと、色素沈着やたるみなどのリスクがあり、おすすめできるものではありません。そのようなリスクを軽減するためには、二重整形を考えてみましょう。二重整形は、仙台市にある美容外科クリニックで受けられる施術です。仙台市にお住まいの方は、対応している美容外科クリニックを検索してみましょう。美容外科クリニックで受けられる二重整形には、施術方法が2つあり「切開法」と「埋没法」になります。切開法とは、まぶたをメスで切開して余分な脂肪を除去します。まぶたの皮膚を薄くした後に、二重になるように縫合でひだを作って折りたたまれるように手術を行います。切開法の施術を受ければ、くっきりとした理想の二重まぶたに仕上がり、半永久的に効果が持続するのです。次に、埋没法といった施術になります。この施術は、メスを使わずに二重になれる手術になります。使用するものとしては、医療用の針と糸を使って二重を作る施術になります。使用する糸は、髪の毛よりも細い医療用のもので、縫合することはありません。まぶたの内側から留めるだけになっています。細い糸だから簡単に切れてしまうということはありません。綺麗な二重ラインが作れますし、傷も見えないですし、抜糸をする必要もないです。

綺麗な二重まぶたに仕上げてくれる施術は良いことだけではありません。それなりにデメリットもあります。切開法のデメリットとしては、手術後の腫れが長いことです。この腫れは手術を受けてから1週間続くと思った方が良いでしょう。また、腫れている期間は、メイクができません。さらに、まぶたに傷として残りやすいです。技術力が低い医師が担当すると、二重ラインが綺麗にならないこともあり、それによって傷が目立ってしまうこともあるのです。担当する医師がどのくらいの施術回数をこなしているのか、実績経験など聞いてみた方が良いでしょう。埋没法は、切開することもありませんし、縫合をすることもありません。そのため、デメリットなんてなるのと思われている方もいるでしょう。ですが、埋没法にもデメリットはあります。そのデメリットは、二重のラインが取れやすいということです。効果が持続する期間としては、3年から5年くらいになります。仙台市にある美容外科クリニックで、施術を受ける前にメリットだけ知るのではなく、どのようなデメリットがあるのかちゃんと調べておきましょう。